スポンサードリンク

2009年11月03日

また、太り気味の人はダイエットをして体重を減らすだけで腰痛を改善できることも多いのです。肥満は、それだけで腰に負担がかかりますから腰痛の敵といえます。

腰痛で苦労しないためにも、日ごろからの腰痛対策は大切です。ただ、間違った知識で腰痛対策をするとかえって悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。
腰痛対策は、その原因によって方法も変わります。自分の腰痛は何が原因になっているのか?を知ることは有効な腰痛対策をする上でとても大切ですので、一度医師に見てもらうのが良いでしょう。
腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。
若いころに激しいスポーツをした人に多い腰痛は、脊椎分離症と呼ばれ、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが増します。
内科的な疾患から来る腰痛には、腎臓疾患、尿管結石、大動脈瘤が原因の場合があります。中には深刻な病気の場合もあるので、早めに専門医に診断をしてもらってください。
女性の腰痛には生理・妊娠・出産・閉経などに伴う、ホルモンの作用も大きく関係しています。特に女性の場合、男性に比べて精神的に不安定になりやすく、それが原因で腰痛になることも見逃せません。
長い時間イスに座りっぱなしも腰痛対策としてはよくありません。20〜30分に一度は立ち上がって、腰を動かす運動をするようにしてください。
そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。
さらに腰痛対策として必ず気をつけていただきたいのは、重いものを持ち上げる時です。中腰で持ち上げたりすることのないように、必ずしゃがんで荷物を持って、脚の力で立ち上がるようにしましょう。
あまり意識しない方が多いですが、太っているとそれだけで腰痛の原因になります。普段から重い荷物を背負っているのと同じですから、それだけ腰痛を起こしやすいのです。
猫背や背骨のゆがみは腰痛を起こしやすいので、ストレッチを習慣的に取り入れて凝り固まった体を伸ばしてあげましょう。背筋を伸ばすことで本来の背骨に補正して腰痛も防ぐことができます。
ストレスが原因の腰痛対策として、腹式呼吸が有効と言われます。腹筋の強化ができるだけでなく、自律神経が調整される効果も見込めます。
ラベル:腰痛対策
posted by 腰痛対策 at 19:00| 腰痛対策の正しいやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

腰痛対策としては、まず座るときの姿勢に気をつけます。あまり柔らかいソファーのようなイスは、腰が沈みこんで負担がかかるので避けるようにしましょう。

腰痛で悩んでいる人って多いですね。現代の生活はどうしても腰に負担がかかることが多いですが、普段の腰痛対策で早めに対処をしておくようにしましょう。
腰痛には様々な原因があるので、腰痛対策をする際には何が原因で起きている腰痛かを知ることから始めましょう。自分で判断をするよりも医師の判断を仰ぐのが一番です。
腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。
腰痛の中でも、背骨が原因で起こる腰痛の場合は、脊柱、及び、それを支える筋肉の異常が原因と考えられています。
内科的な疾患がある場合の腰痛は、腰のくびれより上と骨盤に痛みが出ることが多いのですが、原因としては腎臓、膀胱などの泌尿器系と精巣、卵巣、子宮などの生殖器系に分けられます。
慢性の腰痛がある場合、姿勢の悪さとそこから来る筋や関節の機能不全が原因のことが多いのですが、レントゲン検査を受けても異常が見つからないことが多いのです。
1日の内でイスに座っている時間が長い人は注意が必要です。あまり柔らかいクッションのイスは腰が沈んで負担がかかるので避けてください。また、20〜30分ごとに立ち上がって腰を動かす運動をする様に心がけます。
そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。
腰痛対策で忘れてはいけないのが、重い物の持ち上げ方です。一番腰に悪いのは、脚を伸ばしたままで腰だけで持ち上げることです。かならずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。
あまり意識しない方が多いですが、太っているとそれだけで腰痛の原因になります。普段から重い荷物を背負っているのと同じですから、それだけ腰痛を起こしやすいのです。
ストレッチをする時には、呼吸にも気を配りましょう。体を前に倒す時は息を吐く、逆に後ろに反るときは吸うのが基本です。腰痛対策としてストレッチは非常に有効ですから、ぜひ日ごろの習慣にしてください。
腰痛で悩んでいるのに、検査をしても原因が分からないという場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。自律神経が乱れることから慢性的な腰痛になるとも言われていますから、症状がひどいときはカウンセリングを受けることも考えましょう。
ラベル:腰痛対策
posted by 腰痛対策 at 17:00| 腰痛対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

人間が同じ姿勢を保つ筋肉は30分しか持ちません。パソコンを使う仕事などで、ずっとイスに座っていると神経が麻痺して崩れた姿勢でも気が付きにくくなりますが、徐々に体を痛めているのです。

日ごろの腰痛対策、意識していますか?現代の生活は腰にとても負担がかかるようになっています。早めの腰痛対策でつらい腰痛で悩まないようにしましょう。
腰痛の対策は、原因によって変わります。姿勢の悪さや、激しい運動によるもの、老化によるものなど様々な原因がありますが、自己判断をせずに医師に見てもらうのがよいでしょう。
腰痛の原因として多いのは、腰を支える骨筋肉の故障ですが、それ以外にも内臓疾患によるもの、さらに精神的なストレスも腰痛の原因になるのです。
老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。

特に女性で気をつけていただきたいのは、最近生理に変化があったり、家系で婦人科の病気になったりした人がいる場合には、背骨以外の原因で腰痛になっていることもあります。
腰痛対策としては、まず座るときの姿勢に気をつけます。あまり柔らかいソファーのようなイスは、腰が沈みこんで負担がかかるので避けるようにしましょう。
そして寝るときの姿勢ですが、できるだけ横向きで少し体をエビの様に曲げるのが一般的には良いと言われています。腰に負担をかけるので、うつ伏せで寝るのだけは避けてください。
やはり、腰を悪くするのが一番多い瞬間は重いものを持ち上げるときです。必ず一度しゃがんで荷物を持ち、脚の力で立ち上がるようにします。荷物は体に密着させて運びましょう。
あまり意識しない方が多いですが、太っているとそれだけで腰痛の原因になります。普段から重い荷物を背負っているのと同じですから、それだけ腰痛を起こしやすいのです。
ストレッチを腰痛対策としてもぜひ取り入れてください。仕事の合間にゆっくり背筋を伸ばしてあげるだけでも血行が促進されますし、市販されているストレッチ器具を使ってみるのもよいでしょう。
ストレスによる腰痛は、デスクワーク中心の管理者に多いのが特徴です。心因性の腰痛の場合は、カウンセリングを受けてみるもの有効です。
ラベル:腰痛対策
posted by 腰痛対策 at 17:00| 腰痛対策の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を!

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

腰痛対策で毎日快適に正しい腰痛対策の仕方 TOPへ
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。