スポンサードリンク

2009年10月25日

それから腰痛対策としては、寝るときの寝具にも気を使いましょう。やわらかいベッドや高すぎる枕は、腰が沈むので不自然に背骨が曲がってしまいます。適度な硬さのある敷布団を選んでください。

腰痛もひどいものになると、寝ていても痛いという大変つらい状態になります。正しい腰痛対策をして、腰痛で悩むことのないようにしたいものです。
腰痛の対策は、原因によって変わります。姿勢の悪さや、激しい運動によるもの、老化によるものなど様々な原因がありますが、自己判断をせずに医師に見てもらうのがよいでしょう。
腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。
背骨が原因の腰痛の場合は、脊柱やそれを支える筋肉が異常であることが考えられます。ぎっくり腰もこれに当てはまりますね。
内臓疾患が原因で起こる腰痛の場合、痛みの箇所があまりはっきりしないことが多いようですが、ガンや子宮筋腫などの可能性もあるので症状が続くときには専門医で適切な診断治療を受けることが一番です。
女性の場合、生理から来る腰痛もありますが、下腹部の不快感や下腹部痛が治療を必要とするほど強い場合、月経困難症と呼ばれます。思春期の少女に多く見られ、加齢とともに症状が改善されます。
腰痛対策としてまず気をつけたいのは、イスに座っている時間です。長い時間座っているとどうしても姿勢が崩れて腰に負担をかけるようになりますから、30分に一度は休憩を取って体を動かしてください。
腰痛対策として考えると、うつぶせの姿勢で寝ることもよくありません。寝るときはリラックスできる姿勢が基本ですが、うつぶせのままでは腰に負担がかかり過ぎてしまいます。
腰痛といえばぎっくり腰ですが、荷物を持ち上げる時に脚を伸ばしたままで腰を曲げて持ち上げるのは危険です。必ず一度しゃがんで荷物を体に密着させるように持ち、脚の力で立ち上がるようにします。
実は、ダイエットをしたら腰痛が治ったという人もいます。太り気味だと、運動不足で背骨を支える筋力が低下しますし、いつも重い荷物を背負っているのと同じなので腰への負担も大きいのです。
腰痛対策として、ストレッチは大切な習慣です。ただし、ひねるストレッチは急激にやるとかえって体を痛めることがあるので、ゆっくり行なうことが基本です。腹式呼吸を行なうのも有効ですね。
自律神経はストレスの影響を受けやすく、筋肉が緊張したり血液循環が悪くなって腰痛の原因になったりすることがあります。適度な運動や趣味などでストレスを発散する時間を作るようにしましょう。
ラベル:腰痛対策
posted by 腰痛対策 at 12:00| 腰痛対策の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を!

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

腰痛対策で毎日快適に正しい腰痛対策の仕方 TOPへ
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。