スポンサードリンク

2009年09月12日

自律神経はストレスの影響を受けやすく、筋肉が緊張したり血液循環が悪くなって腰痛の原因になったりすることがあります。適度な運動や趣味などでストレスを発散する時間を作るようにしましょう。

腰痛ってつらいものです。腰痛対策をして毎日快適に過ごしたいものですが、そもそも腰痛の対策はどのようにすればよいのでしょう?
ひと口に腰痛といっても様々な原因があります。原因によって腰痛の対策も変わりますので、自己判断をせずに医師の判断をあおぐようにするのが一番です。
腰痛が繰り返し起こる場合は、原因を元から断たなければなりませんが、その原因が骨筋肉の故障、内臓疾患、精神的なストレスのどれかを見極めることが大切です。
老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。
胃・十二指腸潰瘍、腎結石、子宮筋腫そして癌の骨転移やストレスなどが原因で腰痛が起こることもありますが、内蔵が原因の腰痛で一番多いのは腎臓の機能低下によるものです。
思春期の女性に多く見られる症状で月経困難症というのがあります。生理の際に、腰痛・下腹部の不快感・下腹部痛が治療を必要なほど強い症状ですが、通常は加齢と共に症状は改善されていきます。
長時間座ってパソコンを操作することの多い人は、毎日腰に負担をかけています。20〜30分に一度は立ち上がってストレッチなど、腰を動かすことを意識してください。
そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。
さらに腰痛予防としては、無造作に物を持ち上げるのは危険です。特に立ったままで腰を曲げて荷物を持ち上げるのが一番ぎっくり腰になりやすいので、必ずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。
実は、太り気味の人はそれだけで腰痛になりやすいのです。普段から重い荷物を持っているのと同じで腰に負担がかかりますし、運動不足で背骨を支える筋力も低下してしまいます。
腰痛対策としてストレッチははずすことができませんが、基本は「気持ちの良い範囲でゆっくり伸ばす」ことです。特にねじるストレッチは勢いをつけてはいけません。呼吸を止めずにゆっくりと行なうストレッチを習慣化するようにしましょう。
腰痛で悩んでいるのに、検査をしても原因が分からないという場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。自律神経が乱れることから慢性的な腰痛になるとも言われていますから、症状がひどいときはカウンセリングを受けることも考えましょう。
ラベル:腰痛対策
posted by 腰痛対策 at 18:00| 腰痛対策の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を!

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

腰痛対策で毎日快適に正しい腰痛対策の仕方 TOPへ
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。